海外療養費制度とは?

 このサイトでも、「海外では健康保険が使えない」「海外の医療費は高額」という内容の記事を掲載していますが、日本の健康保険には海外療養費制度というものがあります。ご存知の方、過去に制度利用したという方もいるかも知れませんが、まだご存知ない方に簡潔にご案内します。

 日本に住んでいて、日本の健康保険に加入している方が、外国へ旅行・赴任などで渡航中に現地の医療機関で治療を受けた場合。そこでの治療費には「健康保険証」を提示しても適用にはなりません。海外旅行保険に加入してキャッシュレスで受診することができない方は、当然ですが現地で全額を自己負担することになります。

 帰国後、海外で自己負担治療費について、加入の健康保険組合に給付を求める制度が「海外療養費制度」です。海外での【治療費】の7割分が給付されますが、ここで一番重要なのが、【治療費】の考え方です。その【治療】が日本で治療を受けた場合の【治療費】が基準となります。けして、海外での自己負担額に対して7割が給付されることではありません。「海外の医療費は高額」と記事にしていますが、この表現には日本と外国との治療費そのものが違うことを表しています。同じ、盲腸の手術を受けても日本の病院と外国の病院では治療費が違うのです。

 この海外療養費制度を利用すれば、外国で治療受けても帰ったら自己負担した額の、7割が戻ってくるというのは間違いです。日本の医療費に換算した額の7割ということになります。

 この「海外療養費制度」には、適用除外となる診療・治療もありますので、詳しくは、全国健康保険組合のページでご確認ください。

海外療養費の「支給申請書」はこんなものです。↓ サンプルです。

ビーラインズ株式会社

TEL 0436-26-7955 FAX 0436-26-7944

0コメント

  • 1000 / 1000