自転車保険

「自転車保険とは」

 ここ数年で、「自転車」に関して色々なことが変わりました。

自転車が関わる事故が増え、道路交通法が変わりました。その事故のことがメディアに取り上げられることにより、自転車事故の際の賠償金額が高額となることが広く認知され、自転車保険が注目され、保険会社でも「自転車(サイクル)保険」名の保険商品を広告を出すなどしています。

 数年前まで、自転車(サイクル)保険と称して販売されていたのが「個人賠償責任保険」です。 この保険は、自転車搭乗中に限らず、日常生活の賠償事故に備える保険でしたが、現在は、ほとんどの保険会社で「個人賠償責任保険」単体の販売をやめてしまいました。 保険金額にもよりましたが、年間1,000円程度の保険料でした。

 現在、「自転車(サイクル)保険」として通信(ネット)販売されているのを見かけますが、そのほとんどは「傷害保険」のようです。傷害保険に特約として個人賠償責任を付帯する契約です。自転車を運転していれば「転倒」によるケガも考えられるので、傷害補償も必要だと思う方には問題ありませんが、別途、傷害保険に加入されている方は重複補償になってしまいます。

 月500円程度の保険料でも、年間では6,000円になりますので、従来の「個人賠償責任保険」単体と比較すると高いですね。もちろん、傷害部分を最小限の補償にすれば、相応に安くなります。自転車保険の加入を検討されている方は、まずご自分が別途加入している「自動車保険」「火災保険」や「傷害保険」などの証券を確認してみましょう。特約としての「個人賠償責任」はずっと前から取り扱われていますので、知らないうちに加入していることがあるかも知れません。

 現在、販売されている「自転車(サイクル)保険」には、「示談交渉付き」や「事故自転車運搬」などが付帯されているものがあります。しかし別に契約している「自動車保険」に「弁護士特約(契約自動車運転中事故限定なし)」を付帯していれば、示談は弁護士に任せることができます。

 万一の自転車の事故に備えることは大切なことです。

但し、「自転車(サイクル)保険」を新たにご加入を検討している方や更新時期の方は、「個人賠償責任保険」「傷害保険」「弁護士特約」が、他の保険契約と重複していないか、過度な保険料を払うことにならないか等、ご確認ください。

※アメブロに表示される保険会社の広告は、当社のリンク広告ではありません。

ビーラインズ株式会社

TEL 0436-26-7955 FAX 0436-26-7944

0コメント

  • 1000 / 1000