複数の海外旅行保険に加入している場合の保険金支払い

 良くあるケースである「クレジットカード付帯の海外旅行保険」と「旅行期間に任意加入

した海外旅行保険」の両方に加入している場合の保険金支払いについてです。

さて、海外旅行保険に任意で加入する場合、インターネット申込でも店頭などでの申込書記

入によるものでも、「他の同種類の保険契約があるか?」という告知事項がありますね。

また、保険会社へ保険金の請求を行う際の「保険金請求書」には、

①お持ちのクレジットカード

②カードの種類(ゴールドなど)

の記入欄があります。何のためにこのような告知事項や記入欄があるのでしょうか。

 仮に海外でケガによる治療を受けて、治療費や治療に伴う交通費など50万円を保険会社へ

請求したとします。

保険金は実費で支払われるものですから、2件の保険契約があるからといって、両保険会社か

らそれぞれ50万円(合計100万円)が支払われることはありません。

 では、請求者はどちらの保険会社へ事故報告し保険金請求を行うのか?

保険契約者が両保険会社に分けて請求する必要はありません。

一般の方は、どのように分けたら良いのかも解りませんから当然です。

ということで… 保険契約者は、一方の保険会社へ請求することになります。(普通は任意

加入した保険会社へ)結果、保険金請求を受けたA保険会社は、前述の申込書の告知事項や保

険金請求書記入欄に書かれている「他の保険契約」であるB保険会社へ保険会社間で負担割合

の請求(交渉)を行います。

 保険会社間の負担の割合は、医療保険金の保険金額の割合で手続きされるのが一般的のよ

うです。たとえば、クレジットカード付帯のB保険会社の医療保険金額が、200万円で、任意

加入のA保険会社の医療保険金額が800万円だった場合、今回の保険金請求50万円の内、5分

の1相当の10万円がB保険会社の負担になり、5分の4相当の40万円がA保険会社負担という具

合です。

一般の方が保険会社の負担割合まで理解する必要はありませんが、その関係で告知事項や記

入欄があるということはご理解頂けたと思います。

 また、今回の例では、複数の海外旅行保険に加入していても、請求の手続きという煩わし

い作業は、1保険会社で良いということも覚えておいてください。

但し、例外もなくはありませんので、保険金の請求時には、保険代理店で契約した場合は保

険代理店へ、直に保険会社のホームページで加入した場合の保険会社へご相談ください。

注)アメブロ(KURODAのページ)に表示される保険会社の広告は当社扱いではありません


ビーラインズ株式会社

TEL 0436-26-7955 FAX 0436-26-7944

0コメント

  • 1000 / 1000