海外旅行保険の保険金請求

海外旅行保険の保険金請求について

今回は海外旅行保険の保険金請求について、わかりやすく説明したいと思います。

今回のテーマに入る前に前回記事の復習をさせていただきます。

1. クレジットカード付帯の海外旅行保険の死亡保険金額は、加入者ご自身が必要と思われる 

 死亡保険金額に相応しいでしょうか。

2. クレジットカード付帯の海外旅行保険の医療保険金額は十分な額でしょうか。

 海外での医療費は日本での場合と比較すると…かなり「高額」となります。

3. 上記1.2 から、お持ちのクレジットカード付帯の海外旅行保険の内容を確認しましょう。

確認は、クレジットカード発行時の規約あるいはカード会社のホームページで。

という内容でした。

政府広報をご覧いただくと、上記1.2 の根拠が多少ご理解頂けると思います。

昨今、政府のいうことが全て間違いないとは言いませんが、少なくともこれらの「数字」は

間違いないはずです。 

政府広報オンラインの海外旅行保険に関するページの一節

 では、「海外旅行保険の保険金請求」についてです。

まず、事故が発生した場合、その医療費用や損害費用は保険金からどのような方法で支払わ

れるでしょうか。基本的に、保険金は保険金請求書類を保険会社に提出して、保険会社に

よってその内容を査定して支払われます。要するに海外旅行からの帰国後に「後払い」され

るということになります。携行品損害や航空機遅延による損害は現地にて自己負担も可能か

も知れません、では、海外で入院などの医療を受けた場合に必要な費用とされる「数百万

円」という現金は簡単に用意できるものでしょうか。

そこで重要なのが、保険会社と海外医療機関との提携による「キャッシュレス治療」です。

海外旅行保険へ加入する目的が「死亡補償」「携行品損害」等という方はには関係ありませ

んが、ケガや病気による「医療」を重要視される方は、海外でどのくらいの医療機関で

「キャッシュレス治療」が受けられるかを重要にお考えになるべきだと考えます。

 一方の保険会社では、提携医療機関300箇所に対して、もう一方は55万箇所としたら、どち

らが安心と言えるかは一目瞭然ですから。もちろん「キャッシュレス治療」で支払われた保

険金を帰国後に保険会社へ返金する必要はありません。

 

 保険料率の高い(=保険料割合が高い)損害に「携行品損害」があります。修理費用全額

が支払われれば問題ありません。購入1カ月に満たないものの損害は別として、ほとんどの携

行品は数カ月あるいは数年使用したものではないでしょうか。では、そういう携行品が損害

に遭った場合の保険会社の基本的な査定方法は、物品の「償却率」を乗じたものを査定額と

するのが基本的な査定方法です。その償却率によって算出された査定額が納得いくものであ

れば良いでしょうが、使い古した物でも、市場価値が償却率による査定額よりもっと高いも

のであったらどうでしょうか。「償却率」はひとつの判断材料でしかありません。

納得いかない査定額であれば保険会社に交渉しましょう。当社のように保険金請求時に相談

できるような代理店経由の契約であれば、代理店にも相談しましょう。

 ご存じの通り、保険会社は大変社会的立場の高い会社です。根拠ない査定などは行いませ

んが、保険金支払いを適正に且つ可能な限り少なくするべく査定されていることは間違いあ

りません。

ここで申し上げたいのは、保険会社が算出した査定額が絶対ではないということです。

ビーラインズ株式会社

TEL 0436-26-7955 FAX 0436-26-7944

0コメント

  • 1000 / 1000