クレジットカード付帯の海外旅行保険

クレジットカード自動付帯の「海外旅行保険」について

多くのクレッジトカードには自動的(もしくはオプション)に海外旅行保険が付帯しているのをご存じの方は多いとは思いますが、ではその補償内容まで把握されている方は、少ないのではないでしょうか。

カード会社・カード種類によっても補償内容は違います。ノーマルカードより年会費の高いプラチナやゴールドカードの方が補償額が高くなっているようです。

海外旅行保険について述べられている方の意見には、「クレジットカード自動付帯の海外旅行保険で十分だから別途海外旅行保険に加入する必要などない」というようなものもあります。私も皆様ご自身がお持ちのクレジットカード自動付帯の海外旅行保険の補償内容をご自身が把握されていて、十分な補償内容だとお考えになれば、その通りだと思います。

クレジットカード自動付帯の海外旅行保険だけで良いのか悩まれている旅行者の方は、まずご自身のクレジットカード自動付帯海外旅行保険の補償内容を確認しましょう。クレジットカード発行時に同封されている規約等にも記載がありますし、カード会社のホームページにも記載がありますので簡単に確認できると思います。

人の価値など測れるものではありませんが…万一の際の「死亡補償」について残されるご家族への想いから、せめて1億円ぐらい残したいと考える方が、死亡補償1,000 万円のクレジットカード自動付帯の海外旅行保険だけで良いとは思えません。

一方、死亡保険金はその方の逸失利益などを計算したものとその他対象となる費用などが支払わるものですから、必ずしも高額の死亡補償額に加入すれば良いということではありませんので注意が必要です。

死亡原因でも補償額が違う場合が多いので注意が必要です。事故等による死亡の場合と病気等による死亡の場合の補償額が違うクレジットカード自動付帯海外旅行保険が多いようです。体はいたって健康で旅行中に病気になることは全く考えてなく、事故だけが心配という方はその保険で十分ですね。ただ、海外ですから…環境が全く違う国にいき思わる病気が発症してしまった例もない訳ではありません。補償内容の確認だけはしておきましょう。この点は、一般に旅行期間のみ加入する海外旅行保険にも言えることですが…。

海外旅行保険の補償は、死亡補償だけではありません。医療補償・携行品損害補償・賠償責任補償・救援者費用などが主なところです。

次は、医療補償についてです。

当然ですが、海外の医療機関で治療など受ける場合に、お持ちの「健康保険」は使えません。これが国内旅行よりも海外旅行の方が保険加入件数が多い理由のひとつです。日本の病院窓口で支払う医療費にくらべて、とんでもない請求をされたという話はたくさん聞きます。クレジットカード自動付帯海外旅行保険では医療補償限度額が低く設定されているようです。

例をあげるとA 社のプラチナカードでは、死亡補償限度額が5,000 万円と一般のカードより高いものの、医療補償限度額が200 万円ということです。外国での医療費用限度額が200 万円?というのは十分と言えるでしょうか…。

持病「既往症」をお持ちの方が海外旅行先で持病が悪化した場合に、海外旅行保険の医療補償は受けられません。もちろん、クレジットカード自動付帯海外旅行保険も同様です。(この点は、国内での生命保険や医療保険も同じ性質であるかも知れません。)

しかし、持病をお持ちの方が海外旅行に行く際に不安に思う点ではないでしょうか。わたしたち代理店が扱う海外旅行保険には、限度額はありますが「既往症」も対象となる海外旅行保険もあります。

この「既往症」も対象となる海外旅行保険の方が安心と思う方は、クレジットカード自動付帯海外旅行保険では不十分と言えることになります。

クレジットカードには、海外旅行保険の付帯されていないものもあります。

是非、お持ちのクレジットカードの「海外旅行保険」についてご確認ください。

ビーラインズ株式会社

TEL 0436-26-7955 FAX 0436-26-7944

0コメント

  • 1000 / 1000